blog 141

アニメ、ゲーム(スクフェス, 天鳳)の感想など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2017 夏アニメ 雑感その1

いつも通り雑感。クソニートなのでいつもより多めに観て多めに書きました。

その2→こちら

アホガール 74点

 1話を観て本当にアホすぎてビックリした。考えうる選択肢の中で最大のアホのそれをさらに超えてくる想定外のアホだった。今期はアホガールの悠木碧、シンフォギアの悠木碧、サクラダリセットの悠木碧と色んな声があって声優さんの凄さを再認識。


徒然チルドレン 71点

 アホガール→徒然の30分は安心のコメディタイムだった。テンポが重要視されるギャグアニメは短時間枠だとやりやすそうではある。それにしてもこの徒然チルドレン、Pixivでちょいちょい拝見していたが、作者HPでだいぶ公開していて凄いな。


続きは追記へ。

  1. 2017/09/25(月) 22:06:35|
  2. 作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(K)NoW_NAME 1st Live 感想 #k_n

IMG_2254kn.jpg

 (K)NoW_NAMEの1st Live (ワンマン)に行ってきたので、忘備として雑感程度だが残しておく。場所は渋谷のライブハウス、duoで僕は昼公演から。渋谷はパリピがキツくてあまり得意な場所ではないけど、4時間前に下見もかねて行ったらまだ物販列の欠片も無かったのでラーメン食べて満喫で時間を潰すことに。「ペンライトは必要なのか?」という疑問に対する明確な回答をグーグル先生から得られなかったので、念の為にドンキでキンブレ仕入れて行った(結果は要らなかった)。物販では呪いの方のTシャツ、タオル、ラバーバンドを購入。

 ライブハウス特有?の整理番号順入場、オールスタンディングの早いもの勝ちの方式。会場開始後にスタッフさんが「1番の方~?2番の方~?」とか言い始めたので正気か?と思った(失礼)。結局10番単位で入場させていき、400番代の僕は前方は諦めてゆっくり入場し、ドリンク交換に。500円でドリンクチップと交換したのにドリンクメニューに600円と書いてあり、挙動不審のオタクは前の人が頼んでたのと同じレッドブルを。なお炭酸嫌い。

 duo内のふたつの石柱がなかなかにデッドポジションを作っていて位置取りに悩まされた。後方の段差上がった2列目あたりに立てた。関係者席にちぇみーとアヤサマーがチラりと見えてひとりでテンション上がってた。

 さて、ライブの方はとんでもなく良かった。いくぶんの期待は持ち合わせて行ったつもりだったがそんなものは終わった後から見ればミジンコでしかなかった。セトリは記憶してないのでいくつかピックアップするだけで。

 開幕は「サクラクエスト」よりMorning Glory。絶対にこれしかないと思える1曲目。ノウタイムでLantanaへ繋ぐ、めっちゃかっこかわいかった。ココらへんはまだ「生の(K)NoW_NAMEだ…!」ぐらいに高揚感いっぱいあったが、NIKIIE氏から立花氏へバトンタッチし、来たのが「グリムガル」よりKnew day!会場全体が興奮し、間奏では声出しでテンション上がっていく。あぁ、Knew dayは本当に良い曲だな。次にAIJさんのHead Windはカッコよさ満点。AIJさんは初見だったが恰幅が良くめちゃくちゃ良い人そうだった(何)。

 以上が開幕セトリ。1stワンマンということでセトリに気苦労されたと思うが、最高に心を掴まれた僕であった。特に毛色が全く違うグリムガルとサクラクエストの曲をどう混じらせるかは難しかったのではないかと察する。しかし結果として見て、とても良かった。作品の個別イベントではなく(K)NoW_NAMEのライブだった、そう大いに感じられた。

 (K)NoW_NAMEのここが良い!を挙げるとひとつは色の違う3人のvo.だろう。優しく透き通るNIKIIE氏、立花綾香さんは凛と力強い、そしてかっこよい男性vo.のAIJさん。三者三様の良さがある。ひとつのアーティストの中で曲種に幅が出せるのはもちろんだけど、ライブ的面白さとしてボーカルチェンジがあるのがとても良い。AlstroemeriaはCDでは2ver.で収録されているが、今回はABで交互に歌っていた。En.のBaby's breathもとても良かった。こういうのを聴くとライブ来て良かったと心底思えるのだ。

 Alstroemeriaについてもう少し。サクラクエスト内では11話で主人公・由乃と凛々子が対に描かれていたが、奔放に振る舞い「普通な自分が嫌」と言う由乃に対して、普通の子になれないことを悩む凛々子が羨望を向ける。しかし由乃は周りに流されず"好き"に全力になれる凛々子を魅力として肯定し、羨望した。互いに欲しがり認め合うシーンのバックに流れたのがAlstroemeria(Inst)だった。(K)NoW_NAMEのアコースティックニコ生ではNIKIIE氏と立花さんが自分の声が嫌でお互いの声を羨ましいと思っていたことが発覚するくだりがあった。そんな2人が歌うAlstroemeriaのpinkとwhiteの2ver.…とてつもなくエモーショナルだと思うんですよ。そしてライブでの2人Alstroemeriaに。とても良かった。

 そしてもうひとつ。(K)NoW_NAMEの魅力を見たのは、毎曲、背景スクリーンにアニメーションを流していたのだ。序盤の主要曲だけかと思って見てたらいつまでも映像を音楽にノせてくるのでとても感動してしまったw 作品に寄り添う、作品の為に作られた曲は当たり前にも作品の映像に合う。こんなことできるアーティストグループ、そうそういないだろう。今後も(K)NoW_NAMEに素敵な作品を手がけて欲しいと切に思う。

IMG_2253kn.jpg

 ということでとても良い時間を過ごすことができた。たくさん腕を振ったり飛び跳ねたりした。一番聴きたいと思っていたFreesiaを聴いた時は数ヶ月前を思い出し目から汗。自分として色々あった時期に、励まされた曲でもあった。曲は作品に寄り添い、それを観る人聴く人にも寄り添ってくれるのだろう(うまくしめたい)。



追)「夜公演はEn.に3人でknew dayを歌った」というのをツイッターで見た時は羨ましくて歯ぎしりしたけど、「thymeをNIKIIE氏とAIJさんで歌った」を見た時には夜公演を取らなかった自分を恥じた。thymeは一番思い入れがある曲なのでまたいつか聴きたいな。ということで次は間野山サミットで(*>_<*)ノ

追)公式でセトリ公開してくれました > 公式サイト/NEWS
こうして見ると違いはASTER→thymeとEn.のKnew dayだけか。

  1. 2017/09/19(火) 23:43:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

沼津旅行記 後半

IMG_1508.jpg

 沼津旅行記の後半!記憶が新しい内に書いていきます。前半はこちら。追記へ。

  1. 2017/08/24(木) 23:19:50|
  2. ラブライブ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沼津旅行記 前半

超絶大型連休を利用して沼津観光をしたので感想を書き綴ろうと思う。沼津はラブライブ!サンシャイン!!の舞台ということで、この旅の目的は聖地巡礼、そして海の幸等のグルメを食すこと。




 旅行のお供であるどぶさんより、お勧めの日本酒をお土産に頂いたところで出発。なんかズボン汚いけど。マイカーでずっと行ってみたいと思っていた、それが念願叶う。


以下追記へ。

  1. 2017/08/22(火) 23:21:30|
  2. ラブライブ!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑感 / ゼルダの伝説BotW

 引っ越しや役所周りも落ち着いてきたので今週から腰を据えてゼル伝をプレイし始めた。FFやドラクエやってこなかった人間なのでRPGは実にニンテンドー64の時のオカリナ以来。しかもそれすら全クリしないまま辞めてる。飽き性というのもあるけど、対人要素が無いと燃えないという思いがあった。スマブラやマリパはいっぱいやったし、大学時代にハマったのもネット麻雀。相手に勝って嬉しい負けて悔しいの世界。そんな思いがあってか知らないが会社は証券会社を選んだ。数字が人格。やる気もあった時期もあったけど、結局4年経って精魂尽き果て先日退職。そういった勝ち負けの世界に疲れてしまった。あと数年なら働き続けられるけど30、40になっても同じことやるかって考えると無理。休みの日に好きなことやってても仕事が脳裏をよぎって全然楽しめなくなったのでもう辞めよう、例え年収1000万だろうが2000万だろうが割に合わないな、と自分は思った。自分は。好きでやってる人もいるし家庭があるからと好きじゃないけどやってる人もいるので否定はしないし、素直に凄いことだと思っている。

 ゼル伝は評判通りに面白い。例えがクソなことを前置きして言うが、置いてある台と棒を使って頭上のバナナを取れた時の喜び、またはそこにたどり着くまでの思考行為が楽しい。目標を達成するために逆算して考えていく過程、問題解決の基本だけどなんかいつの間にか忘れてしまっていたな。あと自由度の高さは震えるぐらいに感動できると思う。マントみたいなのを高所から広げて降りると飛ぶことができるんだけどそれがほんと好き。初めての滑空は、表現が不適切なことを前置きして言うが、イキそうだった。めっちゃ気持ち良い。そんなこんなな勇者業の日々。全クリしたいとは思っているけど、別に飽きて辞めても良いとも思っている、昔の様に。

 リアルの友人に仕事辞めること・勇者になることを伝えると、冗談交じりに言っても、やや引かれる反応をされるんだけど、ある高校同級の女子が「なら本当の勇者にしてあげよっか?」と返してきてドキッとしてまともな反応ができなかった。あの時どう返すのが最適だったのかを考えながら少しずつ社会復帰できればと思う。
  1. 2017/07/09(日) 09:30:22|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
前のページ 次のページ

profile

やま

Author:やま
スクフェス(Rank.600-、凛ちゃん推し)
天鳳(現六段最高七段)

link

category

天鳳 (58)
スクフェス (62)
作品感想 (38)
ラブライブ! (9)
VOCALOID (2)
他 (14)

news

counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。