blog 141

アニメ、ゲーム(スクフェス, 天鳳)の感想など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サンシャイン!!2期3話 感想

20171022143254.png

 ラブライブ!サンシャイン!!2期3話「虹」感想は追記へ。画像は拾いもの。

前 → 1話 感想
次 → 12話 感想


ネタバレ有


■奇跡

 ラブライブ!の予備予選と学校説明会でのライブを天秤にかけたAqoursの9人。梨子の申し出により二手に別れ、二兎を追う形を取ることに。別々で行動することで、それがAqoursと言えるのかというモニョりが残る中、帰り道に梨子はこう言う。「最善の策を取るしかない。わたし達は奇跡は起こせない。一番良いと思える方法で精一杯頑張る。それが私達じゃないかな

 梨子の性分としてこの台詞を言うのは分かるが、絶対奇跡起こすマンの千歌が「そうだね…」と返したのには驚いた。


 20171022145217.png

 ちょっと戻って前夜(?)のやり取り。1期2話の名シーンをなぞる様に手を伸ばし合うも全く届かなく、というか届かせるつもりもなかったのだろう。笑い合う2人。二兎を現実的に追いに行く、梨子のある種妥協案を出す展開へ繋がる。この考えは梨子らしいし、突っ走りやすい千歌にとって支えや気付きの存在になっているはず。

 ただ、この妥協案に「そうだね…」とは言うが完全には乗らない、諦めないのが千歌。すぐにみかんを見てひらめく。結局は二兎を追おうとするが、それはAqoursの全員で行われることに。この対比や流れは良かった。現実的な梨子は決して間違ってはいないが、やはり千歌の主人公たるところを映えさせる。

 サンシャイン!!1期3話は、当時のAqoursに対して、μ'sがあったからこその現状の成果である、とダイヤが痛烈にメタ的批判をした回だった。今回で言うと、レール上にあるモノレールに乗ることができたAqoursではあったが、アクセル?ブレーキ?を壊しどうなるか分からず進んでいったところ、小ボケもはさみ、結局どう止まれたのかは描かれなかったことが示唆的だなと思った。よくあるシャレだけど、奇跡とレールの軌跡はかかっていると見る。


■ライブシーン

 予備予選のライブが始まるぞというところで、説明会組の4人が合流する流れにしたのは正直微妙だったかな。想いよひとつになれ回とは何だったのか、と整合性がゆらぐし、説明会ではなく予備予選を取ろうと4人が考えた理由が"Aqoursは9人でひとつだから"なら強度があるとは言えないだろう。ただ今回は特に描きたいもの(君ここラストとか?)から逆算して物語が作られた感はあるし、作ってる側だってこの弱さは分かった上で出しているだろう。

 そんなもやもや吹き飛ばすくらいにライブシーンは目を見張るほどに素晴らしかった。

20171022182057.png

 曲も良いけど、映像の観てて面白さがやばい。ラブライブ!の3Dは他のドルアニと比べて年の功があるなぁと思う。


次回はダイヤ回の様相。MX直前枠の「宝石の国」では京極監督がめちゃくちゃかわいいダイヤ回をやっていたけど、サンシャイン!!はどうなるかな。私的楽しみだったダイヤ回なので期待してます。書きたいこと他にもあった気がするけど思い出せないので、以上。
関連記事
  1. 2017/10/22(日) 18:46:17|
  2. 作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブログ移行(仮) | ホーム | 間野山サミット (間サミ)  感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamaapq.blog.fc2.com/tb.php/319-24c03751
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

profile

やま

Author:やま
移転 → URL

link

category

天鳳 (58)
スクフェス (62)
作品感想 (38)
ラブライブ! (9)
VOCALOID (2)
他 (15)

news

counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。