blog 141

アニメ、ゲーム(スクフェス, 天鳳)の感想など。

サンシャイン!! 1話 感想

fn64637.jpg

 ラブライブ!サンシャイン!!1話「輝きたい!!」」感想は追記へ。画像は拾いもの。

 次 → 2話感想


asd.jpg


 「これだったんだ…。」(開始直後の僕)



 やっと始まった、アニメサンシャイン!!。前述している通りアニメを観ない段階でとやかく言うことはしない、推しやらなんやらもそれからだと。そしてそのアニメが始まった。心境としては劇場版放映直前に似ている。観たいけどまままだじゅ準備ががが、みたいな感じ。

 1話感想を書くからといって今後感想を書き続けるかは未定。ただ書きたい事はしっかり書いておきたい。


■輝きたい

s101.jpg

 花咲くいろはにおいて主人公いろは「私、輝きたい!」と言い放った。ラブライブ!を初めて観た時、穂乃果にいろはを重ねたことがあった。今考えてもそれは間違っていたとは思えない。しかしサンシャイン!!を観ていろはを介した穂乃果と千歌の行動原理に違いを見出した。千歌の方がいろはに近い。

 スクールアイドルを奮起するにあたって、穂乃果は廃校阻止がきっかけであった。しかしそれは主題ではない。満員の行動もただの努力目標だった。ラブライブ!1期に主題、メッセージ性があるとするなら「やりたいからやる!」にあった。それはアイドル活動を続けることの意義を問われた3話、当初の目的を達成し「何の為にやるのか?」を自問した終盤で現れた。

 ではサンシャイン!!について、千歌についてはどうか。それは「輝きたい!!」であった。プロジェクト発表時は”輝き”という言葉を何度か使っていたラブライブ!に繋げたいがためかと思っていた。当然それもあるが、どうやらサンシャイン!!は主題にこれを据えそうだ。

 廃校阻止活動の道中でスクールアイドルの楽しさ・素晴らしさを見つけられた穂乃果と、輝きたいという願望を持っているところに出会ったスクールアイドルにそれを見出した千歌。浦の星は廃校になる設定だったように思うが、穂乃果とは順番が逆になりそうな流れ。

 サンシャイン!!放映日は1話を視聴し終わったところに、友人が録画をしそこなったと連絡があり、その後うちまで観に来た。観終わった後に「王道だなぁ」と言っていた。ラブライブ!は王道をやり抜くとこに良さがあるって4億回は言っている。「やりたいからやる!」シンプルで心にスッと入ってくる。別離もしっかり描く潔さもある。

 良いから王道。しかし他よりも光る。それだけ王道をドンッと貫ける作品は今あんま無いんじゃないか。最近アニメ観てないけど。


■監督

 サンシャイン!!制作陣の主要はほぼ同じっぽい。脚本は安心の花田さん。ただし監督が京極監督から酒井和男監督。アニメあんま詳しくないので調べてみると、ラブライブ!2期11話の演出担当だったみたい。

s103.jpgs102.jpg
s105.jpgs104.jpg

 1話というのもあるだろうけど、瞬間で贅沢に使う1カットが多いと感じたし、視点にアニメーション感を見た。考察ブログを観ていく楽しみが増えていいね。


■キャラクター

 正直サンシャイン!!については全然追って来なかった。自分の中でアニメを第一としたく、変にイメージ付けちゃうのも嫌だったし、面倒だったし。それでもキャラデとか設定見るに「千歌は穂乃果として、果南は希?曜は凛ちゃん、いやことり?」とかの漠然としたものはあった。けど観てみて分からなくなったし、そういうのはない、もしくはそうならないようにしているだろう。

 ブログやTwitterで書いたか、ニコ生で言ったか忘れたけど、サンシャイン!!は自の主張が強い。「私たちはサンシャインだぞ!!μ'sじゃないぞ」感が半端ない。μ'sという言葉をなかなか曲中で出さなかった前代と比べてだが、初っ端から3曲入りのシングルを連発したり、曲のタイトルを”恋するAQUARIUM”にしたり、しまいには”届かない星だとしても”なんてタイトルの曲を「1, 2, Sunshine!!」という掛け声から始めてしまったりする。

 自分はラブライブ!観てなかったらサンシャイン!!録画すらしてなかっただろう。μ'sの人気がなかったら当然Aqoursはなかった。人気にあやかる形になるのは避けられない。そんな事前期待が最高潮に高まった状態の中で始まるプロジェクトに全力でサンシャイン!!として殴り込みに来てる感がある。なので自分も全力でアニメにぶつかっていこうと思う。

 でキャラクターについて。アニメ始まったんでどんどん想像していく。

・千歌は前述通り。穂乃果だけど穂乃果じゃない。
・曜はまとも人枠か。それだけ他のキャラがなぁ。書類にサインするとこはなんか目頭が…。
・花丸は結構強い。大丈夫ない人からルビィを守るポーズをしていた。地頭が良さそう。
・ルビィ。赤面は吹いた、ぶっとばせすぎだろw
・マリー。たった一言しかないのに番宣でも吹いたし本編はくそ笑った。ずっとあの口調でアニメ回るんすかね。
・善子。厨二モードと「善子言うな!」の声の違いが良かった。
・果南。めっちゃまともそうだし闇めっちゃ抱えてそう。
・ダイヤ。生徒会長はポンコツ性を備えと主人公に認知されてはいけないルールでもあるのだろうか。イメージより良かった。
・梨子。案外まともじゃなかった。千歌とのやり取りで「なんじゃこりゃ」の2人の声が良かった。


■他

・風船の色は黄?・緑・赤。千歌・曜・梨子だろうか。色ってもう公式出てるんだっけ。
・時系列が不明。手がかりとなるUTX前の描写→①千歌は一年生。②なぜスタダ?映像も決勝の結果速報にも過去のハイライトにも見えて確定させない。私的予想→μ's決勝の翌年度が今の時系列、つまりまきりんぱなと千歌が同学年という少数派の予想をしてみる。千歌梨子の砂浜のやり取りで音ノ木坂と答える間の長さ(アニメ的演出かもしれないが)、笑顔で断るラストに梨子のスクールアイドルに対する何かしら闇があると見る。
・「なぜスクールアイドルは必要無いのか?」。3年生は見るからに闇がある。


毎週生きる希望が出来て何より。土曜夜というのがとても良い。以上。

関連記事
  1. 2016/07/03(日) 22:44:13|
  2. 作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サンシャイン!! 2話 感想 | ホーム | スクフェス奮闘記(花陽希チャレフェス)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamaapq.blog.fc2.com/tb.php/267-ee5f0897
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

profile

やま

Author:やま
スクフェス(Rank.600-、凛ちゃん推し)
天鳳(現六段最高七段)

link

category

天鳳 (58)
スクフェス (62)
作品感想 (38)
ラブライブ! (9)
VOCALOID (2)
他 (14)

news

counter