blog 141

アニメ、ゲーム(スクフェス, 天鳳)の感想など。

[アニメ] ガールズ&パンツァー (OVA含) 感想

GP.jpg

ガールズ&パンツァー (2012) 84点

 相変わらず、現行アニメと並行して過去アニメも漁っている。今回は「ガルパン」ことガールズ&パンツァー。ご当地アニメを観ずして何が県民か!と思っていたもののなかなか観れずじまいだったが1日で完走(やはり1クールものは良い)。

 この前町の偉い人と偶然話す機会があった。結構年配の方であったが、突然ガルパンというワードを発したので驚いた。そりゃ知ってるのは当然ではあるが。その方曰く、メディアで取り上げられている様子と同様に町に与える良い影響は凄まじいとのこと。実際のアウトレットは劇中よりも閑散としている気がするが…。ガルパンは制作側に大洗出身(茨城?)の方がいたとかなんとかで舞台に選ばれたらしいが、今後もそういった町興しを目的の一つとした動きは進んでいくんだろう。日本のサブカル恐るべし。オタク恐るべし。

 肝心のアニメはというと、僕は84点という高い評価を付ける。さち評価でも85点と比較的高い評価を得ているようだ。それもそのはず、このガルパンという作品が低評価ななわけがない!


■男心をくすぐるミリタリーと萌えの融合

 僕はミリオタでは無いが、幼稚園児の時は剣を振り回し、小学校の時はモデルガンを構えていた。そしてこれは僕に限った話ではないだろう。年齢を経るにつれて各々の嗜好を確立していくにしても、どこかには武器や車に見惚れる気質というものがあるはずだ。それが男というものだ…と思う。

 そしてガルパンだが、なんとかわいい女の子を戦車に乗っけてしまったのだ。ミリタリーという要素に萌え(死語)を入れてしまったのだ。しかしそれが絵になってしまうから困る。卑怯とも呼べる組み合わせに惹かれないわけがない。



 タイトルはガールズ&パンツァー。少女と戦車。何の変哲も無いタイトルに思えるが、アニメを観終わった後だとまさに「ガールズ&パンツァー」だというのが分かる。劇中で描かれる女の子はかわいいのだが、それと同時に戦車がかっこ良い。それは見た目だけじゃなく、戦闘シーンにおける迫力や機動性など素人の僕に十二分にも伝わるような戦車の魅力だ。萌え要素が先行しがちだが、実際は萌えと戦車の魅力が両立できている。そういった題意を込めての「ガールズ&パンツァー」なのだろう。「ガールズインパンツァー」や「せんしゃ!」、「女子高生が戦車に乗るはずがない」等のタイトルではイマイチだったはずだ。

■王道ストーリーと新鮮な視点

 ガールズとパンツァーという設定だけ良いのではしょうがない。そんなの画像投稿サイトで高い評価を得て終わりである。しかしこのガルパン、ストーリーも面白い。脚本は決して奇をてらったものでは無く、王道であると言える。しかし面白いから消滅しないのが王道。そしてこの道を進み切るのは最近のアニメを観ていれば容易でないことは分かる。

 戦車道を女子の嗜みの一つとして描かれたアニメはスポ根であった。劣勢状況からの逆転勝利、数や質を備えた高校(かつ他国を模している)に対して、低いスペックの戦車ながらも智を用いて勝つ展開。気持ち良くないわけがない。回が経るにつれていつの間にか僕は大洗女子を応援していた。ダージリンの隣の子が最終回では指を組んでいたように。5話では涙が出ましたね。

 1話冒頭、いきなり戦場シーンが展開された。面白いのがそれがFPS視点だったのだ。調べるまではゲーム名かと思っていたが、FPSというのは一人称視点であるとのこと(ちなみに勘違いしていたゲームはAVAだった)。

GP2.jpg

 始めはなんじゃこりゃと思ったが、戦闘シーンはこの視点が活きてくる。第三者(神)視点という俯瞰したものが一般的ではあるが、それとFPSとの使い分けが作品を何倍も面白くさせる。一人称視点によってキャラクターと視界を共有する。そしてそこから彼女達の感情をより一層感じることができるのだ。ガルパンの戦闘シーンはこうした工夫によって手に汗握る程の興奮を得られるし、さらには戦術・策略も面白い。特に終盤の対戦では色々詰め込まれてるので何度も観てみようと思う。

 ガルパン、とても面白かった。満足。


2014/07/05 追記


ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! [Blu-ray]ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です! [Blu-ray]
(2014/07/25)
渕上舞、茅野愛衣 他

商品詳細を見る


 水戸の初回で視聴。1日に13回やるとは何事かw 追記に少しだけ感想有り。


OVA雑感 ネタバレ注意

■まさにOVA!

 アンツィオ戦を描いたOVAは本当に2回戦のストーリーを埋めにいったものであった。まさにOVAといったところで、本筋を崩してはいけない役割を踏まえた上でうまく描かれていたように思う。

 3回戦のプラウダ戦では慢心ゆえに敵の策にまんまと引っかかってしまうという未来がある。慢心(失敗フラグ)→失敗→挽回→成功(勝利)という鉄板の流れが次に来るのだ。その前に来るストーリーなのだからやはり勝って勢いを付ける完勝がシナリオとして妥当であろう。TVアニメ内では、アンチョビ側が壊滅状態であるのに対して大洗女子は何体も戦車が残っているカットもあった。

 補完的役割はCパートで行われた。TVアニメ内の一つの疑問としては「なぜアンチョビは大洗女子の応援にいなかったのか?」が僕の中にあった。勿論掘り下げもしていないアンチョビ達が大洗女子の応援をしても話が引き立たないのは当然である為、描かないことは正解であろう。作品事情として理解できるものの、作品世界のロジックには見合わない。

 そんな疑問に対して本作は最大のオチをもって回答してくれた。このオチには劇場でも\ドッ/となるくらい笑いが起き、そして謎の拍手までもw 早起きして眠いまこに対して、早い時間に寝ると生活リズム狂ってしまうと咎めた沙織のくだりがあった。これを伏線としたCパートの回収が見事にオチとして決まったのだ。確かに日中は強い設定のまこであんなシーンを描くのか疑問に思ったが、まさかの伏線だったとは。そんなこんなで先の疑問はアンチョビのドジっぷりが原因だと解決されたわけだ。


■圧倒的迫力!

 やはり映画の良さはホームシアターでは実現不可能なスクリーンの大きさ、そして大音声。戦闘シーンの迫力は流石ガルパン!FPS視点独特の緊張感、均衡する一騎打ちの熱さ…とてもシビれた。アンチョビとみほがすれ違うシーンはやはりかっこいい。

 ガルパンは戦車の砲撃音が段違いに大きい。ホームシアターセットを購入したのに、アパートの隣を気にして結局ヘッドホン着用して僕は観ていた。しかし劇場だと当然そんなこと気にしなくて済むので気持ちよく観れた。ドでかい砲撃音かっこよい!


 最後は良い告知もあったし、今後もガルパンに期待!

関連記事
  1. 2014/06/15(日) 18:42:00|
  2. 作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スクフェス奮闘記(11月新部員ガチャ) | ホーム | [アニメ] School Days 感想>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamaapq.blog.fc2.com/tb.php/185-8d370eff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

profile

やま

Author:やま
スクフェス(Rank.600-、凛ちゃん推し)
天鳳(現六段最高七段)

link

ラブライブ!記事一覧

category

天鳳 (58)
スクフェス (62)
作品感想 (32)
ラブライブ! (6)
VOCALOID (2)
他 (12)

news

twitter (アニメ)

twitter (天鳳)

counter