blog 141

アニメ、ゲーム(スクフェス, 天鳳)の感想など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

[漫画] 惡の華53話 感想

 惡の華53話 感想。ネタバレ注意


前 → 惡の華52話 感想
次 → 惡の華54話 感想


ネタバレ注意


別冊 少年マガジン 2014年 02月号 [雑誌]別冊 少年マガジン 2014年 02月号 [雑誌]
(2014/01/09)
不明

商品詳細を見る



惡の華が表紙(*´ω`*)
黒髪の仲村さんを載せるという大胆なネタバレ。今回も同日発売の単行本で連載誌に追いつけるという、先がどうしても気になる読者に対するうまい商売ありがたい仕様。


さて、第53話「海が果して寛容で親切だかを知るがため」 感想。例のごとく中身はありません。


053_01.png


大胆な見開きカット。春日と常盤さんは浜辺で彼女を待つ。


仲村さんの「ひさしぶり」という言葉は長い月日を隔でて出てくるような言葉には思えなかった。挨拶し返す春日は戸惑いを隠せない。

そんな言葉が再会の第一声で良いのか。瞳孔がクワッと開き動揺しまくりの春日とは対照的な彼女の出で立ちは不気味なほどだ。彼女の心情はいかに。

もしや仲村佐和から水越佐和になり、変わってしまったのは名前だけではないのか。


053_02.png


白ソックスだと…!!!!????


053_03.png


仲村さんのお母さんは彼女の今を「とても穏やか」と表現した。黒髪に白ソックス。ひどく健康的だ。まるで中学生のように。

誰からどのようにあれらの日のこと、あの祭り日のことを聞いたかは分からない。春日と向き合い、春日がしたいこと、春日の感情をなだめようとする。冷静に。

普通の母親のようだ。母は仲村さんの良き理解者であるのか?僕は違うように思う。そうでないなら仲村父と離婚(別居)し、引き取り手が父だったのは少し腑に落ちない。仲村さんは娘のことを知ろうとすることを諦めた父の元の方が楽であっただろうから。これはつまり、中学生時代の仲村さんは母親に対して父>母であるようなものがあったように思う。父が無理矢理引き取ろうとも思えないし。

しかしそうなると父の「母親にそっくりです」発言もピンと来ない。少し考えてみたが、ただ謎が深まるばかりであった。

春日に請う母の手は前に組まれ、その請いを飲み込む春日の拳は握られた。2つのカットがあるところを見ると、仲村母も何か押し殺しているものがあるのだろう。


しかし常盤さんである。当事者ではないが、第三者でもない。話を聞いただけの仲村さん像を毛嫌いするわけでもなく、だからといって春日を、この件については、信用しきっているわけでもない。絶妙なポジションにいる彼女のおかげで、あの祭りの日は終わりを迎えない。

053_04.png

「何でもいいからちょっと外で話できない!? ほんと悪いんだけど!」


ほんと悪いんだけど!ってのがなんか良いな。彼女にとっては忘れたい過去なのかもしれないが、自分と春日はどうしてもこの問題を解決しなくてはいけないし、春日と仲村さんにとっても同じものかもしれない。だからこれは絶対のお願いというやつだ。

この熱い問いに仲村さんは意外にもあっさりと承諾。彼女も大体事情は分かっていそうだ。



そして砂浜。

2人にとって今後の関係に結びつく今回の件をうやむやにしてはいけない。仲村さんの立ち振る舞いに戸惑いと母からの請いに対してあの夏を追いかけるのは一瞬諦めかけた春日だったが、常盤さんはこれを当然良しとしない。かわいいが目がマジだ。


そこに着いた仲村さんに対して母と暮らしてること、父とどうなったのかを尋ねるが

053_05.png

と。

父との関係はあの夏に繋がることだ。これを「忘れた。どーでもいいよそんなこと」と言う辺り、彼女の中であれらのことは目を背けていることなのだろう。”目を背ける”という書き方をして非常に違和感があった。逃げているという感じではないから。僕も彼女の今の心情はよく分からない。言葉は適当じゃないかもしれないが、何も考えてないんじゃないのだろうか。”忘れている”という普通の表現が現状適当かもしれない。


そして彼女はキレイな夕日を指さし「キレイ」と言った。

053_07.png

「仲村さん。きみはあのとき、夏祭りへ向かうとき…あの土手で

夕焼けを見ながらキレイって言った。

あの空とこの空は同じ?」


053_08.png


そして核心へ。

053_06.png

けどさ、春日は本心ではそんなこと分かってるんじゃないの?



前回52話はすげー気になるとこで終わったなと思った。この1ヶ月ずっと悶々して、53話を手に取った瞬間ページをめくるスピードを緩めることはできなかった。しかし今回はそれ以上に気になるとこで終わってしまった。来月9日まで待ちきれない。しかし物語の核となるのは間違いない。焦る気持ちを静めて読んでいこうと思う。


それにしても押見先生の画力の向上もしくは画風の変化は凄いな。正直1・2巻の絵柄じゃこのシリアス展開に絵が追いつけなかっただろう。

関連記事

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2014/01/09(木) 21:50:52|
  2. 作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<[漫画] 漫画購入経歴 | ホーム | [天鳳] 2013年のおてんほい>>

コメント

悪の華ファンです!詳しくかかれててすごいと思います!よかったらブログみてほしいです!では
  1. URL |
  2. 2014/01/16(木) 00:57:01 |
  3. きまぐれ子 #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ありがとうございます。惡の華はほんと良いですね。

ブログ拝見しました。レベルが高いですねw
  1. URL |
  2. 2014/01/16(木) 23:19:22 |
  3. やま #-
  4. [ 編集 ]

レベル高いですかww
ありがとうございます( ̄▽ ̄)
押見作品オススメです☆
  1. URL |
  2. 2014/01/20(月) 03:30:14 |
  3. きまぐれ子 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamaapq.blog.fc2.com/tb.php/159-beb16dbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

profile

やま

Author:やま
スクフェス(Rank.600-、凛ちゃん推し)
天鳳(現六段最高七段)

link

ラブライブ!記事一覧

category

天鳳 (58)
スクフェス (62)
作品感想 (32)
ラブライブ! (6)
VOCALOID (2)
他 (12)

news

twitter (アニメ)

twitter (天鳳)

counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。