blog 141

アニメ、ゲーム(スクフェス, 天鳳)の感想など。

スイートプールサイド / 押見修造 感想


スイートプールサイド (少年マガジンコミックス)スイートプールサイド (少年マガジンコミックス)
(2011/08/09)
押見 修造

商品詳細を見る


 剃毛漫画、ここにあり。

 本屋をうろついていたら『惡の華』作者の押見氏の過去作「スイートプールサイド」を見つけたので購入。本作は違うんだけど、アニメ化に合わせて、押見作品の新装版が相次いで出版されたようでいろいろ集めてみようと思う。ちなみに「漂流ネットカフェ」はこの前ネカフェで一気読みした。あまり好きではないが、よく納められたなぁと感心するような作品だった。「ユウレイノヴァ」の新装版も見てみたが、これらの作品は本当に押見作品だなと心底実感する。

 どの作品にも散りばめられたエロさ。作者自身エロ漫画が大好きだったらしく、作品が「エロい」と評されると嬉しいらしい。僕はエロ漫画は見ないが、確かにこれはエロいと思う。

 そして次に、主に思春期の、葛藤。これは思春期特有のエロさにも通ずる部分もある。作品のキャラの周りの状況は僕らが過ごした日常とは少しずれてるんだけど、僕らは確かにこんな感情を持っていた。葛藤なんて感情はどこか淀んでる気もするが、僕はそうは思わない。思春期という純真無垢な気持ちが合わさったことから起こるものだ。押見作品はそれがよく描かれた作品ばかりだ。そして思春期を全面に押し出した作品が惡の華であった。まぁその感想は毎週綴ってるので良しとしよう。

 さて「スイートプールサイド」であるが、剃毛剃毛ひたすら剃毛である。主人公太田は肌がつるつるで、女の子みたいなその体質をコンプレックスと感じていた。対してヒロイン後藤さんはかわいい顔しているが、実は毛が濃いという悩みを持っていた。その2人が出会い、なんだかんだで太田が後藤さんの毛を剃るというなんじゃこりゃ展開にもっていく。まずこの掴みで相当面白いw 内容もお互いの悩みが徐々にサッパリしていって微笑ましいもの。

 おまけで短編「超常眼球沢田」というのがあったが、これがまたなんとも面白い。設定は本編よりもありがちなもの。ある日ひょんなことから服を透かして体を見れるといういわゆる透視能力を持った主人公が、エロいことしていくというもの。さっきオチ読んでて爆笑してしまった。くだらない。本当にくだらなくて笑った。押見作品にこういう作品もあったのね、と知れたので買って良かった。

 惡の華系統を期待してみると、通ずる部分は当然あるのだが、結構系統が違うの注意した方がいいかもしれない。通ずる部分とは主人公の純心だと思う。これがあっての惡の華、押見修造なのだなと思う。

 偉そうなことを言ったが、他にも作品があるみたいなので早めにゲットしようとする。


追記

コミックナタリー - 押見修造、毛の悩み描く「スイートプールサイド」映画化

くっそわろたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

関連記事

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/06/19(水) 21:52:30|
  2. 作品感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あの頃の僕たちは無敵だった。 | ホーム | 天鳳新機能、次に何が来るか。 +0512のおてんほい #tenhou>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamaapq.blog.fc2.com/tb.php/115-0af19e74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

profile

やま

Author:やま
スクフェス(Rank.600-、凛ちゃん推し)
天鳳(現六段最高七段)

link

category

天鳳 (58)
スクフェス (62)
作品感想 (37)
ラブライブ! (9)
VOCALOID (2)
他 (14)

news

counter