blog 141

アニメ、ゲーム(スクフェス, 天鳳)の感想など。

天鳳新機能、次に何が来るか。 +0512のおてんほい #tenhou

■閑散とした技能戦。(長駄文)

天鳳 技能戦 感想

 という記事を書いて随分経ったが、今の技能戦タブを開いてみて欲しい。なんということだろうか。卓が立っていない。稼働初日は数十卓立っていたのも今では0:0。TLでたまに声がかかれば数卓立つ程度。あれ、これどこかで見たことが…。

 技能戦の一番の魅力としてつのさんが推していたのはそのシンプルさ。ジレンマを少ないという点だ。一方で僕が魅力に感じていたのはお手軽さだ。所要時間は単純計算、東風の4分の1で、カップ麺の待ち時間に丁度良いくらいだった。しかしこうも立たないと、卓立つまでの時間で段位戦が打ててしまう。

 なぜこうなってしまったのか。一つには僕始め、技能戦に好感を持っていた天鳳民がそれを受動的に楽しんでしまっていたからだ。選挙は有権者1人の票では何も変わらない。しかしそれが大数に、個人が集団になることで票が動く。卓は1人では立たないし、4人集まっても卓回しは長くは続かない。個々のユーザーが集団になるように積極的な働きかけを、楽しみ方をしていれば今ではもう少し卓が立っていたんじゃないかな。

 鳳右3にタメ牛歩の人が出て、鳳南民がそれに対して嫌な思いをしていたことが少し前にあった。「それなら東風打てよ」は一種の正論かもしれないが、少し幼いように思う。しかし何も変えようとせずぐちぐちと言うのも同じかもしれない。鳳南を打ちつつ、速い卓であえる右4に、これを機にシフトすれば良かった。しかしそんな動きはなかった。いやあったかもしれないが、所詮は個人の力に過ぎず、何も変わらなかった。個々が同じ動きをすることで集団になり、そこで初めて変わるきっかけになる。

 と言っても技能戦がそういった働きかけを積極的にさせる魅力を持つものじゃなかったという話でもある。次があるならば、それは技能戦・雀荘戦のようになってしまうのか。はたまた、天鳳のNo.2になりうるのか。魅力いっぱいのものをつのさんが作るかもしれないし、ユーザーが押し上げるかもしれない。さてさて。


■次に何が…?

 では、つのさんが次に天鳳に設置する新機能は何だろう。恐らくは現状維持だろうが、雀荘戦+技能戦みたいなものだったり、技能戦をミニゲーム扱いにしたり、といった構想がつのブログから伺える。

 テキトーに考えてみた。僕は思い切って、麻雀以外もありなんじゃないかと思ってきた。それはずばり『天鳳pt取引所』。簡単に言うとptを株価に見立てた取引である。

 優秀な鳳凰民は取引所一部に上場。ptの変動が打つたび公表されて、それをpt券として天鳳民は売買できる。昇段降段がちょっとめんどくさいけど、段位が動いたら強制約定、みたいな。下げ幅の方が大きいから売りから入るのは無し。新米鳳凰民や特上民は二部。審査受ければ一部上場可。

 損益として何を得られるのかはアレだが、換金不可な天鳳チケットとかで。法律的にどうなのか分からないけどw ま~麻雀以外でも面白いのあるんじゃん?ということで٩( 'ω' )وスンマセンシタ



0512のおてんほい

①鳴く?
2013051122gm-0061-0000-f98952b0tw=0ts=0.jpg

 ドラ發に本ラグ。もう聴牌取ってしまった。これはこれでいいと思うが、そうでもない場況だったらどうするんだろう。まぁ聴牌枚数多くないし、鳴いちゃうかも。

②鳴く?
2013051200gm-0061-0000-8b86927ctw=1ts=6.jpg

 キツイ状況。まぁ鳴きか~。

関連記事
  1. 2013/05/12(日) 01:46:05|
  2. 天鳳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スイートプールサイド / 押見修造 感想 | ホーム | 進撃の角田 #tenhou>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamaapq.blog.fc2.com/tb.php/108-7ccf26fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

profile

やま

Author:やま
スクフェス(Rank.600-、凛ちゃん推し)
天鳳(現六段最高七段)

link

category

天鳳 (58)
スクフェス (62)
作品感想 (37)
ラブライブ! (9)
VOCALOID (2)
他 (14)

news

counter